AR

目の前に半透明のスクリーンを用意し、アニメのような表情を演出する、いうなれば「逆AR」の手法を紹介します。

ARで基板の仕様が「見える」アプリを紹介します。

AR眼鏡を使って遊ぶボードゲームデバイスのプロジェクトを紹介します。